呪い代行とは

人は日常生活の中で、「ついてない。」とつぶやいたり、「この悩みを解決する方法はないだろうか…。」と頭を抱えることがあります。また人から受けた言葉や仕打ちなどに傷つけられ「あの人がいなければ…。」と思ったり、場合によっては復讐心を抱くこともあります。自身の内にエネルギーがあり、状況に対して何らかの働きかけをし改善することができるならば誰もがそうすることでしょう。追い詰められるところまで追い詰められ、落ち込むところまで落ち込み、そしてより高くジャンプできた時、強く成長した自分と出会えることができます。

しかし気持ちを切り替え前進しても努力が報われなかったら…ネガティブな感情はますます心を満たしていき、長引けば長引くほど気力は失われ再スタートをすることが困難になってしまいます。「強くなるため…。」と自分を励ますことすら嫌になり、「仕方がない。きっとこうなるように運命づけられているんだ…。」と諦めることを選んでしまうこともあるでしょう。そんな時、誰かに助けてもらいたいと切望することは自然なことのように見えます。そしてここで紹介している多くの呪い代行サイトがその「誰か」になりうる可能性があります。

呪い代行とは、プロの術師が依頼者に変わり様々な呪術や魔術などの儀式を行い、依頼者の望む結果を得ようとするものです。呪いと聞けば、恨み、復讐、藁人形などのイメージが浮かびます。実際その類の依頼も受け付けていますが、それ以外にも恋愛成就、開運招福、事業繁盛、無病息災、家内安全、必勝成就などを手掛けていることはあまり知られていないかもしれません。呪いの方法は、天使や悪魔を召喚しそれらの力を利用する白魔術そして黒魔術、藁人形を使った丑の刻参り、アフリカ呪術、陰陽術、神道などサイトによって異なります。どの方法の呪術を選ぶのかは依頼者の一存となりますが、その中で具体的にどの様な儀式を行うのが最適なのかといったことは、術師の判断するところとなります。詳しく呪術や儀式の内容を説明してくれるサイト、画像提供してくれるサイトがある一方で、詳細は依頼者にさえも一切明らかにしないサイトなど方針は様々です。料金もまちまちで数千円から、そして高い場合には数百万円する呪い代行業者も存在します。そして効果について。それぞれに効果についての考え方があります。小さな変化や気の流れを敏感に感じ取れる方、完全なる願いの実現のみを効果ととらえる方、様々ですがどのサイトも、どの術師も100%の効果は約束していません。「料金を払ったのに…。」と思われる方は呪い代行の利用を控えた方が良さそうです。ほとんどの業者が無料相談を受け付けています。相談だけではなく呪術や魔術、儀式に関すること、料金に関することなど不安に思う点、疑問に思う点の問い合せも可能かと思われます。

現代の日本において厳しい宗教的信念、規律、制約のもと日常生活を送っている人はそれほど多くありません。そして季節の移り変わりに伴い彩られる街はあらゆる宗教行事を取り入れ、それを奇妙だと思う人は多くはないでしょう。日本人は宗教に対する依存心が薄い国民だと言われています。かといって日本人が神の存在を否定しているわけでは決してないと日本人の私は思います。「人間を超えた存在、人間の力を超えた力はある」という感覚は人間のDNAに組み込まれているような気がしてなりません。それを神と呼ぶかどうかは人それぞれです。どちらにしても世界中、古代から呪術は存在し、人間の生活や概念に大きな影響を与えてきました。かつてないほどのスピードで進化、発展をしている現代でも、日本でも、変わったことは表面的な手段であり、人間の呪術に対する姿勢や畏怖の念は変わりません。

デジタル社会となり、インターネットの普及で術師の表面的手段も変わりました。また優れたものを取り入れ発展させるという日本人が得意とする性質を活用し伝統的な呪術だけに囚われず、独自に発展させた方法で呪術を行う術師も現れています。先述したように方法は多種多様ですが、どの術師にも共通する呪術と呪い代行の目的は「依頼者の所願を叶えること」です。呪い代行を依頼するまで追い詰められた依頼者の心の痛みを理解し、受け止め、全身全霊を捧げ呪いをかけます。ただ依頼者の幸せのためだけに。人の願いは自分自身のこと、相手があること、相手の人生に関わることと様々です。相手の人生を左右させる呪いをかけることについては術師は依頼者に警告に似たメッセージを送っています。一時の気持ちの勢いから一生を悔やんで過ごすことになっては呪いの目的は果たせません。そしてどんなに経験を積み確実な力を持っている術師でも最大の効果を得るためには依頼者の念や気が必要だそうです。術師は自ら危険を冒し、時には死後の魂を捧げる契約を交わし呪い代行を務めます。依頼者は同等の気持ちの覚悟を持って依頼すべきです。

誰もが幸せな一生を送りたいと思います。誰もが自分にとって大切な人が幸せに暮らせるようにと願います。人は些細なことから重大なことまで選択と決断を繰り返し、人生を形にしていきます。その時の自分ができる一番良い選択を。しかしその選択と決断が人生を思わぬ方向に導いてしまうことがあります。「自分が決めたことだから。」と現実を受け止め改善に向けての努力をするのか、それとも諦めてしまうのか、それも自分で決断をするのです。1人で抱えるには大きすぎる心の痛み、やるせなさ、絶望感に潰されてしまう前に呪い代行の依頼をするのか、その決断をするのも自分です。